初診
土曜日、予定していた用事がなくたったので
旦那にしーくんを任せて病院へ。


市販検査薬で陽性反応が出てからも
毎朝基礎体温は継続して測っていて、ずっと高温を保っている。

ただただ、子宮の中に着床していてくれ、と願うのみ。


初診ということで、待ち時間に予診表に記入するように言われる。
あれって、結婚記念日とかまで書いたっけ?
ちょっとびっくり。
最終月経や分娩の経験など書いていき・・・。
しーくんの出生体重・・・・忘れた(こんな母親私だけか?笑)
うろ覚えで大体の体重を記入。(ごめんよしーくん)

なんだかんだで1時間強待ってようやく呼ばれる。

尿をとり、さらに20分ほど待ち・・・。

ようやく診察、内診。


そう。内診。内診。内診。。。。。。。


約4年ぶりの、この内診。







やっぱり恥ずかしーーーーー!
ぎょえーーーーー!



自然と内ももにチカラが入り、「楽にねー」と何度かやんわり注意される。
これまた恥ずかしい。



「茶色い消毒液をつけさせてもらいますねー」という言葉とほぼ同時に挿入。



ぎょえーーーーー!(しつこい)


「あーコレですねー。胎嚢です。見えますか?」

e0014979_20311795.jpg







・・・・・・・見えます、見えます!!!



「はぁ・・・・・・」

ホッとしすぎて、何とも間抜けな声が出た。


「コレが確認できたので、子宮外妊娠の可能性はなくなりました。
 まだ赤ちゃんは見えませんが、今の時期では何の問題もありません。」







ああ・・・・・・よかった・・・・・・





「ごめんなさいねー」といいながら挿入物を抜かれる。


その後、看護婦さんが内診台をういーーーんと下げながら
「この消毒液は茶色いので、少し下着に付いてしまうかもしれませんが
 消毒液なので心配しないでくださいねー。
 よかったら、後でそちらのティッシュで拭いてくださいねー。」と言いながら・・・・・看護婦さん・・・・・













陰部をティッシュで拭く、拭く、拭く!










おそらく私の母親世代であろう看護婦さん、
それはもうご丁寧に、ワレメちゃんの間までガッツリと拭いてくださった。








ご心配には及びません!!自分でちゃんと拭けますから・・・・・!!!!!(ココロの声)


もう・・・・・・恥ずかしすぎて半泣きの33歳。









2週間後の予約を取り、帰路へつく。


とにもかくにも無事お部屋が確認できてよかった。




次は胎児・心拍確認だ!
目指せ第3段階クリア!!!
[PR]
by bptxb807 | 2007-04-10 20:31 | 妊娠日記
<< 第3段階クリアです! 満開 >>